本文へスキップ

自由度の高い注文住宅で後悔しない選択をするお手伝いをします。

IHクッキング

汚れにくさ

注文住宅で後悔しないために考えること/汚れにくさ

IHクッキングヒーターのメリットとして挙げられることに、 燃焼による空気の汚れ、上昇気流が発生しないことによる周辺の汚れが少ないということがあります。 とはいっても調理すれば当然油や水蒸気は発生します。 IHクッキングヒーターでは火の燃焼が無いので、温度差による上昇気流が発生することはありません。 油や煙は下に行く傾向にあり、ヒーターの上についている換気扇で これらのものを除去する為には、IH専用の換気扇を付けることになります。 これをつけなかったりガス用の換気扇しかなければ、汚れは室内側に流れ込んでしまいます。 にも関わらずIHヒーターは導入しても専用の換気扇を付けない家庭も多く見られます。 これでは燃焼による汚れは無くても居室が汚れる原因になってしまいますので、 汚れを気にしてIHクッキングヒーターを選ぶのなら換気扇の事までしっかり気を使いましょう。


あなたの理想の一戸建ては?
http://arrgallery.jp/works/
個性を持った注文住宅の施工事例をご覧ください。愛知県の設計事務所。0120-09-9104。

土鍋も調理可能

最近では土鍋も使えるIHクッキングヒーターがあるといわれており、 それならばと注文住宅でもIHヒーターを選ばれる家庭もあります。 しかし正確には土鍋を使えるという訳ではなく、IH専用の土鍋を 新たに購入すれば使うことができます、というのが正解です。 つまりIHにしたら、今使っている鍋はほとんど使えないという事になります。 またIHクッキングヒーター用の鍋は、鍋底が平らで底の直径が12cm〜 26cmのもので、重さが1kg以上あることが重要になってきます。 あまりに軽い鍋では調理中に鍋が滑ってしまう危険性もあり、 鍋底が平らでないと揚げ物などの時に異常加熱を感知するセンサーが正常に 働かず火災が発生するなどの事故が起こる可能性もあるからです。 このへんの事も理解しておかないと、鍋もできるし人気だからと安易に IHクッキングヒーターを選んで後悔することになります。


炒め物はやや不向き

IHクッキングヒーターの得意料理は煮込み系の料理です。 火力のムラがないから間違いなくガスよりも上手にできるでしょう。 ですが火を使う料理法はできませんし、電子レンジと同じ手法で鍋だけを加熱する構造上、フライパンや中華なべを回したり鍋を振って調理することもできません。 鍋を振ることでガラス面に傷がついてしまうからです。 基本的に炒め物は火を使った方がおいしく調理できますし、 鍋振りをすることで食材を均一に短時間で炒める事ができます。 このようにIHの欠点として、鍋振りが出来ないので炒め物はやや不向きであることが挙げられます。 自分の得意料理、よく作る料理も考えてガスにするかIHヒーターにするかを考えたほうが、あとから後悔することも少ないでしょう。